介護老人保健施設求人探し > 介護老人保健施設での看護師の役割

介護老人保健施設での看護師の役割

介護老人保健施設は病院を退院した後、高齢の患者が在宅復帰する為の支援を行う所となっています。リハビリや機能回復訓練を通して看護や介護を行います。このような場所でも看護師のニーズは高く、最近では看護師の働く場所の1つとしても注目は高まりつつあります。高齢化社会が今後進んでいく中ますます看護師のニーズは高まる事が予想されます。

このような介護老人保健施設での看護師の役割は、病院などにおける看護師の役割とは大きく違ってくると言えます。介護老人保健施設では病院のように慌ただしく仕事に追われる、時間に追われると言った事はありませんが、全体的に行う仕事の範囲は病院勤務のそれよりも幅広く行う必要があると言えます。

このような介護老人保健施設では看護師の他に介護師もいます。看護師の役割は主に入所者の健康チェックなどを行う事です。後は服薬管理や点滴や採血や心電図、吸引や排泄介助や食事介助などになります。介護士と役割分担して各役割をこなす事になりますが、この他にも基本的な業務は多いです。看護師は介護業務もこなす事が出来る為、言うなれば出来る範囲は何でもやると言った感じになるかもしれません。入所者に具合が悪い人が出た場合でも基本的には病院へ搬送する事になりますで、その場で処置を行うような事は非常に少ないです。ただここでも基本的には看護師を始め医療従事者の人では十分ではない事が多い為、一人一人が多くの範囲をカバーする事が多いとも言えます。

病院勤務から介護老人保健施設へ転職すると、看護師にとって始めはギャップを感じる人も多いようです。病院は救急的な仕事が多いのに対して、介護老人保健施設ではそのようなケースはほとんどありません。じっくりと仕事に向き合えると言える半面、やりがいと言う意味では拍子抜けする事もあるようです。日勤勤務がほとんどになる為、家庭と仕事を両立させたい看護師には人気が高い職場でもあります。夜勤が無い分、その手当分の収入は減る可能性はありますが、日中の決まった時間で働く事が出来るのは魅力なようです。

介護老人保健施設への転職であれば看護師専門の転職エージェントの利用をおすすめします。希望の求人を紹介してくれますし、医療関係との繋がりも強い為良い条件の求人も多く持っています。忙しい看護師の転職は日時の調整や条件の交渉等、転職エージェントのコンサルタントを利用する事で面倒な事を全てお任せする事も出来るのです。好条件な介護老人保健施設の求人を探すには看護師専門の転職エージェントを利用して見て下さい。

介護老人保健施設に強い看護師求人サイト人気ランキング!

ナースフル



>>介護老人保健施設の求人探しならココ!最新ランキング2位以下をチェックしよう!<<