介護老人保健施設求人探し > 介護老人保健施設における看護師数

介護老人保健施設における看護師数

医療分野における人員不足は深刻な問題です。医師不足などは深刻な社会問題ともなっています。病院においても看護師のその数は決して足りているとは言えません。介護分野も同様に高齢化社会の波が進む中十分な人手を確保出来るとは言えないのが現状です。

介護老人保健施設では老人保健施設に関する法の中で各医療従事者の数が決められています。医師、看護師、介護士、それぞれに介護老人保健施設に入所している入社数に対して最低限これだけ配置しなさい、という人数が定められているのです。入所者数100人に対して看護師は10名以上となっており、このような老人介護分野においても看護師のニーズは高まっています。

介護老人保健施設における看護師の役割は病院で求めらる役割と違う部分が多くあります。介護老人保健施設では介護士もいますが、看護師も看護のの仕事だけでは無く介護分野における仕事も求められます。病院の場合怪我や病気などの対応や処置など医療分野における仕事がメインだと言えましたが、介護老人保健施設ではリハビリや機能回復訓練など入所のサポートが主な仕事となる為です。より幅広い仕事が求められるようになりますが、病院都などのように緊急性の高い仕事では無い為、このような老人介護施設で働く事を希望する看護師も増えているようです。

高齢化社会が進む中今後益々このような分野における看護師の必要性は高まります。看護師の活躍の場は企業や介護分野などの多くの場所で求められており、介護分野でのニーズは間違ないく高くなっていくと予想されます。看護師は看護のスキルを活かしてこのような場で活躍する事が望まれており、徐々に注目も高まっていますが、それでもまだまだ人員不足なのは言うまでもありません。病院での勤務も重要で大変な仕事でもありますが、このようなかご分野における看護師の存在は今後益々重要になります。介護施設における介護士の役割は、病気や怪我などの対応を行う事わけではありませんが、高齢者に対して看護師のスキルを活かし施設を出所し家庭生活へと戻れるようサポートする重要な役割を担います。

介護老人保健施設の場合、入所者100名当たり看護師は10名以上となっていますが、やはり最低限の数で運営している施設も多く看護師の負担は大きなものとなっています。病院勤務の看護師として働くのも素晴らしい事ですが、このよな介護老人施設で看護師として活躍するのも素晴らしい事です。看護師の転職には看護師専門の転職エージェントの利用がおすすめです。特に病院から介護施設などへの転職の場合、コンサルタントに色々と相談も出来ますし、希望の求人を紹介もしてくれますので忙しい看護師の転職もスムーズに行う事が出来ます。

介護老人保健施設に強い看護師求人サイト人気ランキング!

ナースフル



>>介護老人保健施設の求人探しならココ!最新ランキング2位以下をチェックしよう!<<