介護老人保健施設求人探し > 介護老人保健施設の看護師の夜勤

介護老人保健施設の看護師の夜勤

介護老人保健施設への看護師転職が現在増加しています。基本的に勤務形態だけを見てみると、夜勤も存在し、24時間体制で介護老人保健施設を利用する方の介護をしていかなければなりませんから、病院勤務の看護師と何ら変わりないという風に思えますよね。ここでは、介護老人保健施設の看護師の夜勤というものにスポットをあてて紹介していきましょう。

まず介護老人保健施設というものは、日常的にそこを利用している入居者の変化に備え、ある程度の人員というものを配置されている必要があります。これは日勤帯であっても、夜勤帯であっても一緒です。入居をしている人間は、日中、夜間問わずに急に体調に変化をきたすことがありますから、これにしっかりと対処をしていく必要があるのです。

それにプラスして、寝たきりの高齢者や、自分自身で生活に必要な動作というものを行えない高齢者も存在していますから、これらに対処をしていくためにある程度の人員を配置しておくのは当然のことなのです。介護老人保健施設では厚生労働省が定めている夜勤の基準配置に準じていなければなりません。基本的には41人以上の入居者がいる介護老人保健施設の場合、夜勤は2人を常駐させるというのが決まりになっています。

ただしこれは必ず2人が必要というわけではありません。1ヶ月をトータルしてみて、1日あたりの夜勤職員が2人を超えているようになっていれば、その配置基準を満たしたということになるのです。つまりその日の夜勤の人数が二人でも、次の日も二人ということはなく、調子の悪そうな入居者がいるということで、体調の変化に対応するために4人にするというようなことも十分にありえます。こういったものは、病院勤務の夜勤とはまったく違っているといえるでしょう。

それぞれの介護老人保健施設に入居している入居者の人数によって、夜勤帯の配置基準は様々に定められているものの、基本的には3人以上を配置しているという施設がほとんどのようですね。一般的な病院勤務の夜勤帯のように、例えば、急性期であれば7:1というものが義務付けられているということはなく、看護師一人に大きな負担の掛かる人員配置にはなっていないという風な環境になっているのです。また一般病棟とは違い、生命の危機に晒されているような高齢者を抱えている介護老人保健施設も存在するため、どちらかといえば、急性期医療の病棟で働く看護師よりの夜勤内容に似ているという特徴もあるのです。

介護老人保健施設に強い看護師求人サイト人気ランキング!

ナースフル



>>介護老人保健施設の求人探しならココ!最新ランキング2位以下をチェックしよう!<<