介護老人保健施設求人探し > 介護老人保健施設の看護師の給料

介護老人保健施設の看護師の給料

看護師の資格を有しており、さまざまな経験を経ていて、スキルや知識というものを持っていれば、転職先も非常に豊富に存在していると言えるでしょう。近年多くの看護師が転職先として選択しているのが、介護老人保健施設です。ここでは介護老人保健施設の看護師の給与にスポットをあてて紹介していきましょう。

介護とついていることから、一般的な病院・医療機関の仕事内容とは、少し違った内容になってきます。介護老人保健施設は、リハビリテーションを中心とした医療や治療を提供して、在宅復帰というものを目指すための施設になります。つまり病院施設でもなく、生活の場を提供する老人ホームのようなものでもないという、生活の場と病院のちょうど中間の位置づけにある施設ということになります。

病院の要素も多く残っていることから、介護老人保健施設の場合には、医師が常駐しているのは当然であり、その上で24時間体制の看護というものが必要になります、つまりは、夜勤が存在しているということです。このことからも、給与には夜勤手当が含まれることになります。一般的に看護師の給与水準は、その他の職種と比較しても高く設定されてはいます。しかし看護師とは言っても、沢山の種類があり、それぞれの施設での違いによって、給与の水準は違ってくるものなのです。

一番給与水準が高いのは、やはり病院・医療機関で働く看護師になります。介護老人保健施設の場合には、前述にもあるように、完全なる病院施設とはいえません。中間のニュアンスが濃いということから、やはり一般的な病院勤務の看護師と比較すると給与は安くなってしまうというのが一般的なのです。病院と同じように夜勤があり、24時間体制を整えているのは変わりないのに、給与水準が劣ってしまうのでしょうか。理由は夜勤の仕事内容がまるで違っているからです。介護老人保健施設で夜勤とは言っても、病院勤務の夜勤と比較すると、その忙しさも頻度もまるで違っているという状況なのです。そこで夜勤手当に大きな差というものがつき、給与水準が下がってしまうというわけです。

介護老人保健施設の一般的な給与水準は、450万円前後という所が相場です。この平均給与は、年齢や経験に関係がないすべての介護老人保健施設の看護師の給与平均です。これは看護師であれば、5年目ともなれば、簡単にオーバー出来るような給与水準ですよね。しかしながら、やはり労働条件というものを比較した場合には、妥当な給与水準と言えるでしょう。

介護老人保健施設に強い看護師求人サイト人気ランキング!

ナースフル



>>介護老人保健施設の求人探しならココ!最新ランキング2位以下をチェックしよう!<<