介護老人保健施設求人探し > 特別養護老人ホームと介護老人保健施設の違い

特別養護老人ホームと介護老人保健施設の違い

高齢化社会の進む中、介護分野においても看護師の活躍が望まれています。介護施設などでは必要な看護師の数が定められており介護施設では看護師を始め介護士や医師など多くの医療従事者を必要としています。

これらの介護施設ですが、ひとまとめに介護施設と言ってもいくつかの種類に分かれます。一般的に良く言われるのが、1つは特別養護老人ホーム、略して特養とも呼ばれています。そしてもう1つは介護老人保健施設です。こちらは老健と呼ばれる事も多いです。どちらも老人という名称が入っており似たように思う人も多いようですがその違いについてお話したいと思います。

まず大きな違いは医療系の施設かどうかという点です。介護老人保健施設は医師が常駐し介護認定を受けた人が入所し、その主な目的な社会復帰の為のリハビリとなります。それに対して特別養護老人ホームは医師は常駐しておらず、そこで生活する事を目的としています。特別養護老人ホームはいわゆる一般的に呼ばれる、老人ホームの事を指します。

このように特別養護老人ホームが生活を目的としてるのに対して、介護老人保健施設は医療が受けられるリハビリを目的としており、これらの違いは医師や看護師の数にも表れています。介護老人保健施設は常勤の医師1名以上、看護師10名以上が必要なのに対して、特別養護老人ホームは常勤医師の指定はありませんし、看護師の数も3名以上というきていになっています。これらはやはり福祉施設なのか医療的な施設なのかの違いによるもであると言えます

介護分野における看護師の需要は非常に高まっています。日本では高齢化社会が進む中、今後医療分野における医師不足や看護師不足はより顕著な問題となります。看護師の活躍の場は広がっており、多くの場所で求められていますが、このような介護の分野において看護師としてそのスキルを発揮する事も選択肢の1つです。病院等で働く方法もありますが、その経験を活かして介護老人保健施設等で働く看護師も多くいます。病院などから転職する場合、その求人を探す事から始めなければいけませんが看護師専門の転職エージェントの利用がおすすめです。自分の希望の求人を紹介してくれますでの、介護施設での求人も専任のコンサルタントが紹介してくれアドバイスなどに乗ってくれます。他の職場へ転職する際は不安なども大きいかと思いますが、コンサルタントに相談できるのは非常に心強く、不安の解消にも繋がります。介護施設等求人も多くありますので、看護師の方で転職をお考えであればまず登録して見る事をおすすめします。

介護老人保健施設に強い看護師求人サイト人気ランキング!

ナースフル



>>介護老人保健施設の求人探しならココ!最新ランキング2位以下をチェックしよう!<<