介護老人保健施設の求人をお探しの方へ

介護老人保健施設は、リハビリや介護、看護、機能回復訓練を中心としたサービスを行い老人の過程復帰を支援する施設です。このような施設における看護師のニーズは高く、看護師の転職の場としても注目が高まっています。

高齢化社会の進むに日本では、今後益々このような老人介護施設などの求人も増えていく事が予想されます。このような介護老人保健施設における求人は現在でも多くあると言えるのですが、一般的には見かける事の少ない求人であるとも言えるかもしれません。一般的に求人を探す際には求人誌やハローワーク等で看護師関連の求人を探す事になるかと思いますが、このような求人は看護師専門の転職エージェントなどで多く見つける事が出来ます。

看護師専門の転職エージェントは病院や介護施設などと繋がりが強く、一般公開せずにこのような転職エージェントで求人募集するケースが多くなっています。またこのような転職エージェントで公開されている求人には好条件なものも多く、看護師のキャリアップにも繋がる事も多いようです。介護老人保健施設の求人をお探しであれば、多くの求人が揃い、好条件な求人もあるナースフルなどの看護師専門の転職エージェントの利用がおすすめです。

介護老人保健施設に強い看護師求人サイト人気ランキング!

ナースフル

ナースフル

好条件な求人も数多く揃う看護師の転職支援サービス「ナースフル」。大手リクルートの運営でその豊富なネットワークを活かし数多くの求人が揃います。もちろん介護老人保健施設の求人等もありますから転職を考えている看護師の方はまず登録を!

詳細はこちら

ナース人材バンク

ナース人材バンク

非公開求人も多く揃うのは、ナース人材バンク。紹介実績ナンバーワンを誇り、看護師の転職をさぽーとしてくれます。もちろんコンサルタントは頼りになり、求人紹介から入職まですべてサポートしてくれます。介護老人保健施設などへの転職でもしっかりとサポートしてくれますから安心です。

詳細はこちら

マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師は、多くの求人を誇る看護師専門の転職エージェントです。月給30万以上、残業が少ない、などの条件付き求人も沢山揃いもちろん介護分野での求人も多くあります。コンサルタントもしっかりと相談に乗ってくれるので利用者の96%が満足と回答、看護師の転職の「定番」のサイトです。

詳細はこちら

看護のお仕事

看護のお仕事

サポート力が売りの看護師専門の転職エージェント「看護のお仕事」。コンサルタントが親切丁寧に相談に乗ってくれますので初めての転職でも安心です。介護施設などへの転職などでもコンサルタントに相談する事であなたに合った求人を紹介してくれます。

詳細はこちら

看護プロ

看護プロ

「希望通りの転職ができた!」という利用者の声がたくさんとどいている「看護プロ」。人気の秘密は、プロのコンサルタントがこまめにフォローしてくれるきめ細やかなサポート体制にあるようです。看護プロなら、求人探しから面接対策、条件交渉までしっかりサポートしてもらえます。

詳細はこちら

介護老人保健施設で日勤のみの勤務で働く

看護師の働く場所は非常に幅広く、多くの場所で看護師としてそのスキルを活かし活躍しています。高齢化社会の進む中このように多くの場所で看護師は求められ、その内の1つに介護老人保健施設があります。

リハビリや機能回復など病院を退院したのち、老人が家庭に復帰する事を目的とした介護老人保健施設は今後多くの老人を抱える事が予想されそれに伴い看護師のニーズも高まって来ると言えます。看護師の転職先としても注目されている介護老人保健施設ですが、勤務みおいて基本的に夜勤が無い、いわゆる日勤である事がその注目の集まる理由でもあるようです。看護師の仕事は非常にハードな仕事だと言えますが、その理由の1つに夜勤があります。

生活リズムも狂いますし重労働なのですが病院勤務の看護師としては避けて通る事は出来ません。
そこで新たな転職先として注目が集まっているのが、介護老人保健施設で働くと言う選択肢です。夜勤が無く日勤のみの勤務ですので夜勤でネックであった看護師にもぴったりの職場と言えます。

このような職場の求人はナースフルなどの看護師専門の転職エージェントで探して下さい。一般公開されていない求人も多く好条件な求人もありますので転職を考えている看護師の方には是非おすすめします。

介護老人保健施設での求人を求人サイトで探す

看護師の新たな転職先として介護老人保健施設などが最近人気が高まって来ています。病院勤務と違い日勤である事や落ち着いて仕事と向き合える事が人気の理由となっているようです。高齢化が進む将来的にもこのような施設における看護師のニーズは高まる事が予想されます。病院勤務と比べ緊急的な忙しさも無い事からブランク明けの看護師の復職先としても人気な様です。

ブランク明けの看護師の多くは結婚や出産後であることも多く、家庭や育児などと両立する上でも、日勤の仕事である介護老人保健施設はまさに良い条件であると言えるのです。このような介護老人保健施設の求人は人気が高いのと同時に、その求人自体は一般的な求人誌などではあまり多く見掛ける事がありません。このような求人は主に転職エージェントなどで公開されている事が多いようです。

転職エージェントが施設や病院などと結びつきが強い事、そして施設側などの採用側も出来れば良い人材、即戦力の人材を取りたいとの思惑からこのような形での募集が多いようです。このような求人を探すのであればまずは看護師専門の転職エージェントに登録して見て下さい。施設での求人を探しているという希望を伝える事で、希望の求人を紹介してくれますので手間も時間も掛からず非常に便利なのでおすすめです。

介護老人保健施設の看護師の転職活動

高齢化社会の深刻化に伴い、介護老人保健施設が全国各地で多く設立されています。新しい介護老人保健施設が出来れば、そこには当然に働く職員が必要であり、看護師の需要が非常に高くなっている状況が見られます。看護師の求人は100パーセント以上を越える売り手求人と言われていますが、介護老人保健施設の看護師の転職活動で成功するためには、どうしたら良いのでしょうか。

介護系の求人は、非常に豊富には存在しているものの、個人レベルでの転職活動や、ハローワークなどの公共の転職紹介を利用しても、なかなかに介護老人保健施設の看護師の求人を発見することは難しいことでしょう。近年では勤務条件などがよく、安定した給与と、良い条件の福利厚生、更に看護師としての経験を十分に活かすことが出来る職場として、とても人気が高くなっているという傾向が見られます。

現在の看護師の多くは、転職を考えた際には、インターネットで検索をかけるパターンと、転職サイト、または転職エージェントなんてものを利用することが、介護老人保健施設の看護師を目指す方のスタンダードな方法なのです。介護老人保健施設の場合には、夜勤もあるものの、日勤専従という勤務スタイルも取ることが出来るのが魅力です。20代の後半ともなれば、結婚や出産などライフスタイルに様々な変化が訪れる時期を迎えます。こういった場合に日勤専従が出来る職場というのは、とても重宝出来る職場であるといえるでしょう。

しかしながら、その根本は、夜勤もあるということになりますから、しっかりとした交渉が出来る看護師専門の転職支援サービスサイトを利用して転職活動をするのが一番効率が良い転職活動になるといえるでしょう。日勤専従ということだけに拘ってしまうと、個人レベルの転職活動では、特別養護老人ホームや、有料老人ホーム等に転職をすることが一般的です。こういった施設へ転職をしてしまうと、看護職というよりも介護職としてのニュアンスが非常に強くなってしまい。看護師としての経験を活かしきれているとは、言いがたい環境に身を置くことになるでしょう。

また、勤務時間は改善出来たとしても給与もその分だけ減少してしまうというのが現実です。こういったように様々な面で、自分の希望とのミスマッチが起こってしまうのです。しかし介護老人保健施設であれば、給与の減額もそこまで著しいということはなく、看護師としてのスキルを活かすことが出来るというメリットが出てくるのです。

介護老人保健施設の看護師の募集時期

介護老人保健施設では、基本的に常時看護師を募集しているような状況が見られます。介護職と看護職の丁度中間のような位置づけにある介護老人保健施設の看護師ですが、やはり看護職も介護職も人手不足が深刻な状況にありますから、当然にこういった結果になるのは予測出来るものです。

看護師の転職先というものは、非常に多岐にわたります。一般的な病院施設は当然ですが、企業で働く産業看護師であったり、学校で働く学校看護師、行政で働く行政看護師など様々な転職先が用意されています。それぞれにメリットやデメリットは当然に存在しているわけですが、とりわけ介護老人保健施設への転職が人気を集めている状況です。

全ての看護師の転職は、その他の職種と比較しても、売り手市場であり、入職できる確率は非常に高いものです。しかしながらその逆に多いのは、入職後のミスマッチによる離職率の高さです。せっかく苦労をして労力をかけ転職活動をしても、ほんの僅かな時間で離職をしてしまう。売り手市場というものは、美味しいと思える部分があるのも反面、ちょっとでも気に入らない要素を感じた場合には、離職の引き金になってしまうこともある諸刃の剣なのですよ。

こういったミスマッチが起こる原因は様々にあるのですが、基本的には募集時期を見誤った転職活動を展開してしまったことによるところが大きいものです。募集時期を違えてしまうと、いくら売り手市場の看護師の転職でも、誰もが敬遠した求人であったり、求人数そのものが少ないというような事態が起こります。当然に個人レベルでの転職活動しかしていない場合ですから、転職活動の方法によっても変わってきます。ただ基本的には、募集時期というものを考慮して転職活動をしていくべきなのですよ。

介護老人保健施設の看護師の募集時期というものは、年度変わりの3月や4月に集中しています。この時期に頑張って転職活動をすることで、より多くの求人と巡り会うことが出来るでしょう。それに加え、良質な求人と巡り会うことが出来る確率は格段に上がることになるのです。求人がない時期とある時期というものでは、まったく転職活動が進んでいくスピードや、良い条件というものが変わってくるものです。個人レベルでインターネットなどを利用した転職活動が、現在のスタンダードになっていますが、時期というものを見誤らないように気をつけましょうね。こういった募集時期のリサーチは看護師専門の転職支援サービスサイトを利用することで、解決をすることが出来ますから積極的に活用していきましょう。